私たちは、パルシステムグループの「コミュニケーション・プラットフォーム」です。

パルシステムとは?

パルシステムとは?

「心豊かなくらしと共生の社会を創ります」を理念とする消費生活協同組合です。

株式会社パルシステム・リレーションズは、約130万人の組合員が加入するパルシステム生活協同組合連合会が設立したコミュニケーション会社です。

パルシステムは、消費者が支えあい、よりよいくらしを実現することを目的としています。現在首都圏を中心に、食品を中心とした商品の供給事業や共済・保険事業、福祉事業を展開しています。

パルシステムが注目されてきた理由は、全国の生協に先駆けて「個人宅配」を始めたこと、そしてライフスタイルにあわせた注文方法を用意したことなど、組合員のくらしに役立つ生協をめざして絶えず新しい挑戦を続けているからです。

また、パルシステム独自の基準に沿った安心・安全なPB商品の開発や、全国の生産者との協同による産直商品の提供など、「ほんもの実感!くらしづくりアクション」の活動も多くの組合員から支持されています。

物質的な豊かさだけではなく、心の豊かさや安らぎ、くらしの質、人と人との結びつきを大切な価値として求めること。そして自然と人の共生、地域や属性を超えた人と人との共生、現在と未来との共生をめざして助け合うこと。そんな「心豊かなくらしと共生の社会」を創るために、パルシステムは組合員の参加と協同を進めています。

パルシステムの詳細

パルシステム・リレーションズとは?

パルシステム・リレーションズとは?

「組合員とパルシステム」「社会とパルシステム」の良好なコミュニケーションづくりを担っています。

パルシステムは、食をめぐる課題、地域社会の課題、生産者や物流など経済と環境の課題など、さまざまな社会的課題を人々の協同の力で解決することをミッションとしています。当社はこのパルシステムグループの一員として、「新しい協同のコミュニケーションづくり」を担うことにより、組合員のくらしと社会的課題を解決していきます。

また独自の媒体モデルを築き上げてきたパルシステムの商品カタログ(紙媒体)とオンラインのコンテンツを統合し、世代やそれぞれのくらし方、情報環境の変化にフレキシブルに対応するメディアやコミュニケーションを実現することで、パルシステムの「ファンづくり」に貢献します。

私たちは常に情報やサービスの提供先であるユーザーの視点から考え、テクノロジーとクリエイティブを駆使して、人の心を動かし、くらしを動かし、社会を動かす仕事を志向していきます。

■パルシステム・リレーションズの事業の特徴

組合員によりそう多様なメディア、組合員と社会とのあらゆるコミュニケーション

会社概要

会社名 株式会社パルシステム・リレーションズ
所在地

[本社]

東京都新宿区大久保2丁目3番4号
出光新宿ビル7階

[東新宿オフィス(パルシステム編集室)]

東京都新宿区大久保2丁目2番6号
ラクアス東新宿ビル4階

設立 2000年7月25日
資本金 2億円
事業内容
  • パルシステムグループにおける広報、広告、マーケティング活動に関する企画立案、コンサルティング及びアウトソーシング
  • オンラインパル(パルシステム・インターネット受注サービス)の推進及びサービス企画・開発支援、運営業務サポート
  • インターネット・紙媒体制作プロデュース、ディレクション
  • インターネット活用によるマーケティングコミュニケーション戦略立案、制作、実行、運用 等
株主構成 パルシステム生活協同組合連合会 60%
東日本電信電話株式会社 20%
株式会社YUIDEA 20%
役員 代表取締役社長 石田 敦史
専務取締役 大安 さとる
常務取締役 高瀬 和哉
常務取締役 東 裕明
取締役 馬渡 詳充
取締役 高橋 宏通
取締役 小沢 浩二
取締役 山谷 智子
取締役 石井 佐知子
取締役 君嶋 義之
取締役 杉村 剛是
監査役 速水 聡
監査役 高橋 泰正
(2017年1月1日現在)